• 乾燥肌の方が化粧水を選ぶ時に気をつけるべきこと

    乾燥肌の方が化粧水を選ぶ際、まず最初に気をつけなければならないのが、肌の刺激になるものがなるべく入っていないかどうかです。
    乾燥肌の時は、少しの刺激も肌が過敏に感じやすい状態になっているためです。

    具体的には、アルコール・着色料・鉱物油・香料が含まれていないものを選ぶようにします。

    化粧水の乾燥肌を手軽に利用してみませんか?

    なお、パラベンも肌の刺激になりやすいものですが、これは保存料としての役割も果たしています。


    もしパラベンが含まれていないものを選ぶ際は、できるだけ早く使い切るようにしましょう。

    また、乾燥肌の方の場合、化粧水を選ぶうえで気をつけなければいけないのが、肌にリスクのある美容成分が含まれていないかどうかです。

    例えば「ビタミンC誘導体」は皮脂の分泌を抑える効果が期待できます。
    しかし、皮脂の分泌が少ないと肌に十分に水分を保つことができなくなり、さらに乾燥が進んでしまう恐れがあります。

    また、美白成分として有名な「ハイドロキノン」は刺激が強いため、注意が必要な成分になります。


    反対に化粧水に含まれていた方が良い成分が、「セラミド」です。



    「セラミド」には肌のバリア機能を高める効果、保湿能力を高める効果、肌の代謝を促進する効果が期待できます。


    乾燥肌の方の場合、肌の代謝が乱れ、保湿機能が弱まることで肌に十分に水分が保てなくなっている状態です。


    「セラミド」はこの状態を改善する効果があります。



    また、「セラミド」と合わせて、保湿効果が期待できる「コラーゲン」「ヒアルロン酸」等も積極的に化粧水から摂るようにしましょう。